盗聴器発見盗撮カメラ発見盗聴盗撮調査/SLS
無料相談、お問い合わせ 050-1278-9804
≪日本全国出張対応致します。≫


新着情報

●現代の盗聴盗撮の現状

●最新の盗聴器の種類と盗聴方法

●最新の盗撮カメラの種類と盗撮方法

●自分で盗聴器を発見(調べる)する方法についてのアドバイス

●盗聴に使われ易い周波数一覧表

●リモコン盗聴器について

●赤外線盗撮について

●仄めかしや集団ストーカー行為についての考察

●盗聴発見のプロが明かす、盗聴発見業界の最新の盗聴調査の裏事情!

●盗聴発見業者の選定基準について

●盗聴器発見に必要な資格

●弊社の盗聴盗撮発見調査機材

●特殊盗聴盗撮調査

●盗聴盗撮器発見調査の内容と調査料金

●盗聴盗撮全国出張料金表

●会社の概要

●ここまで来た!海外製盗聴器や盗撮カメラの技術水準

●i-mode版盗聴盗撮発見調査サイト

●盗聴や盗撮に関する何でも相談掲示板


リンク集

スペシャルリンク



姉妹サイト
盗聴器発見 盗聴器調査|スキャンロックサービス

盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス

特殊盗聴器発見調査、特殊盗撮カメラ発見調査と対策はSls

企業セキュリティ対策サイト


     新着情報 ! !
2012年8月、国内初のサーマルイメージャーを調査機材に追加致しました。
2012年3月、今までの盗聴盗撮調査機材全般の欠点を補うべく全く新しいタイプの電子回路発見用探査機材NLJDの投入が完了致しました。
2011年12月、業界初の本格的ポータブル型スペアナの導入が完了致しました。
2011年6月、天井裏や壁裏更には車両調査、特殊調査用の光学機材を大幅増強しました。
2010年3月(株)ミニミニ様との業務提携を開始致しました。
2010年12月固定受信機をAR5000A+3及びその他機材を追加導入致しました。
2008年6月、実際の盗聴調査の有効性を重要視した結果、様々な調査箇所にも即応可能であり、更に全電波形式の盗聴盗撮器にも対応可能な最新ハンディー型スペアナを実践投入致しました。
(この機材は従来の大型固定スペアナでは対応出来ない測定場所等でも大きな実戦力を発揮致します。)
東映テレビ様 ドラマ「相棒」にて番組内容内で技術指導をさせて頂きました。
2007年11月放送 フジテレビ系 刑事SPの番組の制作協力と技術指導を致しました。
現在、セキュリティーやその他、多方面の業種や業者様の方々からのご相談やご商談を頂いて居ります。

 新着情報続きは此方




弊社は、どの業者(圧倒的調査力)よりも高度な盗聴盗撮発見の調査能力を保持しており、盗聴関連知識や料金面に於いても自信、優位性を保って居ります。



《弊社の主力調査機材の一例

    AR5000A+3、SDU5600
    固定受信機とスペアナ



 NLJD(電子回路探知器)


 9KHz-26.5GHz スペアナ
 (アドバンテスト社 U3661)



  特殊プロ用RF探知器
(対応周波数0.5MHz〜25GHz)



  サーマルイメージャー
(超コンパクトサイズ熱画像カメラ)



 高性能金属探知器一式


企業調査用途向け、国内最高水準の特殊
マイクロ波帯対応の微弱電波解析、測定
システム。




アクセス
































































 

弊社のホームページへようこそ

このホームページは、・・・・盗聴器、盗撮カメラ、隠しカメラ等のプライバシー漏洩、情報漏えい等の個人情報(盗聴、盗撮行為)を社会、団体、組織、ストーカーから個人や自社を保護し皆様に安心した生活、活動に貢献出来るよう情報漏えい保護(盗聴盗撮器発見調査)のエキスパートが管理、運営しております。


ご挨拶
IT先進国のわが国において、情報が氾濫する中、機密情報、個人情報の保護が求められる中、インターネットや私たちの日常生活や社会の中でどれだけ正当に情報セキュリティーが管理、保護されているでしょうか。
日常生活の中で情報漏えいに不安を抱き不透明なまま日々の生活を強いられている方々が居られる事に心を痛めて居ります。
2005年4月から通産省は「個人情報保護のガイドライン」を制定し個人情報保護についてインターネットや無線通信について制度を制定して居りますが、その他の盗聴器や盗撮カメラを使用しての盗聴、盗撮については明確な政策を打ち出して居りません。これら小型情報収集機器は電波を使用する為、第三者に仕掛けられた場合、気付か無いまま永久的に個人情報を垂れ流しされ悪用される恐れがあります。
弊社はお客様が一刻も早く元の安心した生活を取り戻せるよう盗聴、盗撮機器の発見、撤去を通じてお客様に「安心した生活のお手伝い」を致したいと願っております。



 弊社の業務内容
会社や企業又は研究所等の機密情報漏洩防止
大使館、領事館等の情報漏えい調査
企業や会社,店舗等の情報セキュリティー対策
企業店舗の盗聴、盗撮防止対策アドバイス
銀行、金融機関の不正防止対策
商取引時の相手方の不正対策
法律事務所や選挙事務所の盗聴盗撮調査
ホテルや会議室での盗聴盗撮器の発見調査
インターネットやLAN等からの情報漏えい
不動産会社の入居前事前盗聴、盗撮調査
駅やデパートの公衆場所内の盗撮調査
お客様のアパートやマンションの入居前盗聴盗撮調査
ご近所トラブルでの情報漏えい調査と対策
個人宅での盗聴盗撮調査

対象エリア 全国(東京,名古屋,京都,大阪,兵庫,広島,福岡)



 弊社の調査内容
現在まで盗聴調査業界内で発見が難しいとされていた携帯電話、GPS発信機、更には全てのタイプのリモコン盗聴器、盗聴マイク、ICレコーダーなども発見可能とする有力特殊調査機材で西日本初のNLJD(電子回路探知器)の導入に拠り、今迄同業他社が発見出来なかった様々な特殊盗聴盗撮器なども対応可能と成りました。
特殊周波数調査に於いて非常に有効な調査機材として現在の日本国内で最高周波数に対応するスペクトラムアナラィザー(アドバンテスト社U3661 9Khz〜26.5GHz)を調査時に使用出来る様に成りました。
一般的な常時電波発信型盗聴、盗撮器の発見調査から最新型の盗聴、盗撮器まで幅広く対応する為の世界的に有名な高性能受信機(AR5000A+3&SDU5600)を使用致しております。(周波数範囲10MHzから3.0GHzまでを完全サーチ)
全種類のデジタル盗聴器及び未知の特殊変調方式を使用する盗聴器等にも対応できる最新型ハンディー型スペアナ(1MHz〜2.7GHz)の国内初導入
特殊盗聴盗撮機器の金属探知器、特殊光学系調査機材に拠る盗聴盗撮機器の発見調査
国産リモコン盗聴器、リモコンスクランブル盗聴器にも発見対応可。(専用機を使用)
高度な偽装型盗聴盗撮機器や電子回路内に紛れ込まれた無線式、有線式の特殊盗聴器などもサーマルイメージャー(熱画像カメラ)の使用に拠り、さらなる高度な見極め能力や解析能力(発見能力)が大幅にUPしました。
特殊周波数リモコン盗聴器も高感度スペクトラム表示電波探知機(X Sweeper)で検知発見。
RF SYSTEM社の特殊スクランブル方式無線カメラにも全チャンネルで完全対応。
有線、無線式、デジタルタイプの盗撮カメラも広帯域映像受信機、無線カメラ探知器、CCD探知器、光学カメラ探査器等による発見撤去。
様々な場所に隠された特殊周波数盗聴器も特殊プロ用RF探知器(0.5MHz〜25GHz)で場所と音声を確認し発見撤去いたします。
壁裏、天井裏、機器内部等に隠されたリモコン盗聴、盗撮カメラも直径3.0mmの穴から調査確認を行えます。


弊社は調査が難しいと言われる電話回線上の盗聴器から無線方式の特殊盗聴盗撮器まで幅広く対応出来て居ります。又、盗聴盗撮機器の知識や調査技術の点に於いて、電気関連知識の裏付けの無い一部の民間の情報漏えい資格等の取得業者様や無資格で業務を行って居られる探偵様などの様なマニュアルに沿った画一的な流れ作業的業務などは行って居らず、また1日に数件程度の短時間の掛け持ち調査をされる業者様などとは違い、其々のお客様毎のご要望やニーズに充分にご満足をして頂ける様、1日1件のみの全力投球での調査、発見、撤去の業務をさせて頂いております。
弊社はプロの専門国家資格、 AI第三種及びDD第三種工事担任者及び第二種電気工事士などの工事関連国家資格、更には第1級陸上特殊無線技師の無線国家資格を所有する専任者が責任を持って調査に当らせて頂いている為、調査には他の業者様などが行う様な一連の調査内容などとは違い大変お時間を頂いております(盗聴盗撮調査時の見落としや見逃しの無い正確な調査を行う為)事を何卒、御理解ください。


盗聴や盗撮について何かご不安や疑問など御座いましたら、何なりとご相談やご質問等お気軽にお問い合わせ下さい。



 最近の盗聴盗撮について

現在の首都圏などの大都市近郊などではマスコミで報じられている以上に企業や個人を狙った集団ストーカーの存在や情報を盗み出す企業情報スパイや産業スパイなどが横行しております。さらには個人を攻撃する目的の盗み聞き(盗聴行為)や更には嫌がらせ目的の盗聴や個人的な盗み見が目的の盗撮などの被害がここ数年、目を見張る勢いで情報漏洩に拠る直接的被害の発生や個人が精神的に追い込まれる様な情報漏えいに起因する精神的被害者の数が増加の一途を辿って来ております。

例えば会社や自宅などの窃盗や強盗対策等には警備会社や鍵屋さんなどが存在しますが事、情報漏洩(企業などの内部情報や個人プライバシー)問題には明確な該当組織が殆ど存在していないと言った問題が現在の日本の社会の中のスパイ行為を助長させている原因では無いかと考えております。

現在の日本のセキュリティー対策組織(TSCM)の殆どの組織(無線雑誌広告業者やインターネット等の広告ィアでの組織など)が未だ国家資格を持たない専門業者が大多数を占め、その結果、お客様が望む情報漏洩不安を十分に解消出来ない状況に有ります。現在の日本国内の情報漏洩セキュリティーの分野は過去の引越し業者や警備会社付属のセキュリティー部門などで行っていた盗聴調査と同様のレベルでしか対応出来ていない(一部のテレビ出演を繰り返す事だけを自慢する業者様や調査資格としては最低限度の資格(民間資格の情報漏えい管理士等)などで全国展開されている盗聴発見業者様や電気関連国家資格を取得されぬままに営業をされる為、電気知識が不足していると思われる探偵様等の同業者)のが現状です。

しかし現在、技術立国である日本の電子技術は日進月歩の目覚しい発展を遂げてきて居ります。それに伴い盗聴器や情報漏洩に関わる情報機器なども拠り小型化や高秘匿化(スクランブル方式、リモコン方式化など)などが施され、さらにはデジタル化の波が盗聴器や盗撮カメラの機器の分野にまで徐々にでは有りますが及んで来て居ります。

もはや電気関連の専門国家資格による電子工学、無線工学などを含めた総合的電気技術者(第一級陸上特殊無線技師ー商用を含む出力500W未満の多重無線送信機器及び衛星無線通信機器や放送事業などの技術操作や技術監督が出来ると国家が認めた国家資格)による専門的調査。そして最新の高性能測定機器類や専用の調査機材による解析や解明による調査、発見の業務。さらにはその調査や撤去が違法行為とならない為の電話工事や電気工事などのプロの専門家に拠る調査や撤去と言った一連の業務(これ等の該当資格が無い業者の場合には、盗聴器や盗撮カメラなどの撤去にはこの資格を有する専門業者への再度の撤去依頼(有料)が必要に成って居ります。(警察への被害届け時に必要です。) 弊社の場合、万一盗聴器が発見された場合の撤去の際に掛かる盗聴器や盗撮カメラ等の取り外しの料金は撤去に特殊工具等が必要で無い場合は無料での撤去サービスを行って居ります。一部の企業さま(電話回線上の回線数の多い企業様)では対応出来ない部分も有ります。)が出来る専門家が必要とされているのでは無いでしょうか。

ここ数年は盗聴器や盗撮カメラの性能が向上して来ており、以前は常識であったハンディー受信機で主だった盗聴周波数をスキャンする方法や特定の周波数帯域をサーチする方法では盗聴器側の周波数帯や変調方式、送信方法が進化し、プロをはじめご自分で盗聴波を探し出す調査法では発見出来ない種類の盗聴盗撮機器(スクランブル盗聴器、リモコン盗聴器、リモコンスクランブル盗聴器、スクランブル盗撮カメラ、ICレコーダー、デジタル盗聴器など)が一般人、企業に取って簡単に手が出しやすい比較的安価な価格で販売されています。

現在数多くの盗聴発見器が世に出回って居りますが、その殆どが盗聴波以外の電波(デジタル放送や携帯電話の電波)にも反応し発見をより難しくしている機器も多数見受けられます。盗聴器がそこに有るにもかかわらず反応しない盗聴発見器も値段の高低に関わらず現実に存在しております。例えば此方の盗聴発見器で反応していたものが良い盗聴発見器だと思っていても実際には反応せず、逆に安い盗聴発見器で反応が出ることも此れまでに幾つかの機種で確認されております。

この現象は通常の盗聴発見器では盗聴器に使われる電波形式と盗聴発見器の電波形式の食い違いや盗聴器と盗聴発見器の電波の帯域幅の食い違いから感度が落ちる為とさらには広帯域で電波を受信する目的で作られた盗聴発見器では外来電波の影響を排除出来ないと言う欠点がある為、通常の盗聴発見器ではわざと感度を落としている事や盗聴器自身の電波出力が弱い事(特に電池式で動作するタイプの盗聴器の場合)そして更には付属のアンテナと回路自体の感度特性が一致した僅かな周波数帯域内で無ければ反応し難いと言う欠点も存在するからでは無いかと推測されます。

また高額なプロ用と称されるアナログ盗聴器用の盗聴発見機器《その機器より一定の音を出しながら自動で盗聴波のみをサーチするような機器(僅かな変調方式や帯域幅にだけ対応した様なプロ用と称されるる一部の高額帯に当たる自動動作型盗聴発見機)》でさえその機材に任せ限では100%信用出来るものでは有りません。

さらに盗聴器発見のプロが盗聴発見の際に良く使うハンディーレシーバーも単体の使用ではまれに調査で見落としが生ずるケースも多々有ると言う事も一つ指摘して置きたいと思います。このハンディーレシーバーはサーチ(電波を探す動作)の際マイクロ秒単位で電波を受信している為、一つの周波数で受信機が電波を受ける時間が非常に短い為その時にたまたまその周波数で出力の変動が起きた場合や周波数偏移が起きた場合など一度掴みそこなっな電波はそのまま見逃したまま次の周波数を探しにいく事になるため(弊社でも過去にこの様な経験をしている為)余りこのハンディーレシーバーのみの調査に頼る様な業者は敬遠された方が良いかと思います。

電波発信型盗聴器をより確実に発見する最善の方法は低い周波数から高周波帯まで感度特性が一定の受信機(全周波数帯域で受信感度の良い電源部のシッカリした固定受信機)の使用と更には、スペクトラム表示スピードの速いスペアナ(調査の際の僅かな時間で同じ周波数を数回サーチ出来る為非常に見落としが少ない利点)などと組み合わせた機器の使用(弊社の場合、デジタル波などの周波数偏移や出力変動も逐次確認できる機能を持つ高性能固定受信機並びに専用のバンドスコープを併用使用しております。)が理想に近い盗聴調査機材では無いかと過去の経験より思い描いて居ります。

現在も未だに一部の盗聴発見業者(盗聴調査会社)などで行なっている調査方法で安価なハンディーレシーバー及び周波数カウンター類で部屋全面を調査していく調査方法を取る業者や指向性アンテナを振り回す様な調査方法を取る業者も数多く存在するのも事実です。(本来この指向性アンテナは最適な受信周波数がアンテナの長さ毎に決まっている為、未知の周波数帯に存在する盗聴器の発見用途には不向きなアンテナであり、本来は先ず広帯域の無指向性アンテナで盗聴器の周波数を割り出した後、複数の指向性アンテナを周波数毎に用意しそれを使い分け盗聴器の場所の特定用途に使うべきアンテナです。)中にはこの使い方を間違えた方法で調査する業者も存在しています。
さらには中級の受信機とパソコンを繋ぎほんの少しのプログラム機能を加えただけの測定機器(この機器は本来その受信機が持つ機能や能力以上の性能を付加させる物では無く本来、人が行なう筈の最小限度の操作をパソコンのプログラム動作に任せるタイプ)を使用する調査方法を取る業者。

大型のスペアナを部屋に設置し、電波の出力分布の様子を目視で確認しているだけと言った間違った調査方法を取る業者(この場合、適度に設置場所を替え更に数回程度の音声確認をしていれば問題は無いですが)の無意味な調査をしている業者さん(一部の探偵)が存在していると聞きます。

さらには極一部に虚偽の調査能力(デジタル盗聴器調査などで誇大広告とも取られる表記をHP上で宣伝する行為)をサイトのうたい文句にする専門業者さんなども存在している様です(この事は弊社でも連絡確認済み)ので、この様な業者には、ご自分で納得が行くまで説明を求められる事を強くお勧めいたします。

弊社は調査時に使用する調査機材の公開はお客様から調査をお引き受けする上で、お客様が業者を知り、調査力の判断をしていただく為の重要な要素の一つであると考えて居ります。

現在の日本の盗聴発見業者や調査会社、探偵などの殆んどの業者で調査機材を開示しない風潮が漂って居りますが、この様な調査機材の開示をしない業者(調査機材が十分に整っていない業者など)への調査依頼は大変危険が伴います。
HP上で全国対応などの大手を装った業者(調査機材の説明が不十分な業者や各種資格等の項目が無記入な業者)などへの下調べ無しの安易な調査依頼をした場合、その後も不安が解消せず再度別業者に再調査の必要が出て来るリスクを伴う可能性が多々潜んでいます。(過去にこの様な業者へ調査依頼をされた後、弊社に再度調査依頼をして頂いたお客様なども数多く存在しております。)

今現在日本でも多くの盗聴器発見の業者が存在しておりますがその殆んどの業者では通常の盗聴器は基より因り難易度の高い特殊盗聴盗撮器機<デジタル盗聴器、スクランブル盗聴器、リモコン盗聴器、リモコンスクランブル盗聴器、スクランブル方式無線盗撮カメラ(RF SYSTEM製無線カメラ)>等は発見出来ないと言う事を御理解して戴いた上で他の業者さまなどと弊社の調査内容、調査機材、調査の方法ならびに盗聴盗撮調査内容で極めて重要な項目である、高精度な調査機材群と調査時間及び総調査料金等も含めて比べて頂き、御判断下さい。



盗聴盗撮相談電話番号
盗聴相談通話料金の説明




  Copyright(C) 2006 特殊盗聴器盗撮カメラ発見調査と対策-sls All Right Reserved