盗聴器発見、盗撮カメラ発見盗聴盗撮調査/SLS

        

盗聴器(盗聴)を自分で調べる方法や自分で盗聴器を発見する方法


自分で盗聴器を発見する方法

自分で盗聴器を調べる方法としましてはまず、有限会社 ミクロン電子有限会社サンメカトロニクス社等の情報機器メーカーのホームページや通販サイト等で盗聴器の種類や形状、周波数、盗聴方法などを確認し詳しく情報を集めます。

□電気製品の知識や操作に余り自信の無い方の場合
電気機器や機械などの操作に余り自信の無い女性の方や盗聴などに何らかの不安が有る方の場合などで出来るだけお金を掛けずに自分で盗聴器の調査をしたいと言った場合の盗聴器を自分で調べる方法としてはインターネットショップやホームセンターなどで売られている盗聴発見器(電界強度計)を使う方法が有ります。しかしこの盗聴発見器を使う用途としてはあくまで盗聴の可能性を調べる為の機械であり此れ一台で盗聴器の証拠と確証が取れるものでは有りません。出来れば値段は可也高く成りますが盗聴電波の音声が確認できる機能が付いた機種で更に周波数が固定できる機種(発見された盗聴波が調査の途中で受信不能になった場合でもその盗聴周波数を保持し続ける機能)の購入をお勧めします。それでも今ある盗聴発見器を使った調査をしてみたい場合や出来るだけお金を掛けずに不安を解消したいなどの場合は盗聴発見器を購入されるメリットは有ります。まず盗聴発見器を選ぶ場合の注意点としては周波数範囲が出来るだけ10MHzから400MHz辺り迄で動作する機種を探します。周波数範囲は出来るだけ狭い機種を選んだほうが携帯電話やその他の営業用の強電波の影響を排除出来るため有効に使えます。また途中の周波数が欠けているタイプ(盗聴周波数のみに対応させている為に誤反応が少ないです)で盗聴器以外の周波数を排除した機種の方が良いでしょう。それに電波の強さをLEDなどで詳しく表示できる物を選んだ方が電波の強さを知る上で有効なのと特に場所の特定に有効に働きますのでそちらのタイプを選んで下さい。また盗撮対応機能が付いたタイプも有りますがそのタイプの物は反応する周波数範囲が広すぎる為に無関係な電波にも反応する確立が高くなります。>
盗撮の調査をしたい場合は別に盗撮電波に特化した機種を選んだほうがこの盗撮の周波数帯に対しての感度も良く誤反応も少ないです。

機種選定の目安としてはどちらかと言うと余り感度が高くない機種、<最小入力電圧(V)や電力(W)の表記の数値が少し大きい物>の方が実用的に使えます。又当社の経験上、このタイプの場合は値段も余り高くなくてもいい様に思います。
一般的にはおよそ1万円程度の物が最初の盗聴発見器として適していると思います。

まず最初に購入した盗聴発見器がどの程度の感度(反応が始まる距離)を有しているかを知る為、家にある電話機等で電波を出し発見器の性能を調べます。その為にアナログ方式のコードレス電話(およそ30センチ以内の距離で反応すればOK)を使用しその盗聴発見器が反応出来る範囲を調べます。
盗聴器で使われる電波の強さ(5〜20mW程度の微弱電波を使っている)はコードレス電話機(10〜50mW程度)の電波の強さに近いものですのでまず、その探知範囲(距離)を知って置きます。

盗聴発見器を使って実際に盗聴器を探す方法
□盗聴発見器を使った調査の場合
先ほどのにコードレス電話で反応した範囲内(凡そ30cm以内)にその盗聴発見器を部屋中の壁などに近付け部屋の中(天井や床下も含めて探して下さい)を探します。アンテナが付いた機種の場合はアンテナを一杯に伸ばし一通り探した後、調査の精度を拠り高くする為もう一度少しアンテナを縮めた状態で探す事をお勧めします。<注意:調査の前に電池が十分有ることを確認して下さい>
1、スイッチを入れた時、部屋の中央付近で反応が無くある地点に来たときのみ反応が強く出る場合は何らかの電波が出ている可能性が有りますので、その電子機器や物の中が確認できる場合は中を開けて盗聴器の確認をして下さい。
2、スイッチを入れた時、その場所に関係なく強く反応する場合は別の無関係の電波に反応している事が考えられますので(特に都会などでは良くある反応です)アンテナの長さを一杯縮めて使用して下さい。
万一、アンテナを縮めた状態で強く反応する場合はその盗聴発見器は使えませんのできっぱりと諦めてください。
3、部屋の所どころで電波の反応がある場合、アンテナの長さを縮めると感度が落ちますが、正確な電波の発信位置が分かりますので最も強く反応する位置を特定します。<部屋の中を動き回っても余り変化がなく場所を絞りきれない場合は外来電波に反応している事が考えられますのでこの盗聴発見器はこれ以上使えません。>

部屋の中でその部分や場所のみに強い反応が有った場合は盗聴器の可能性は有りますが、他に近くに電波を使った機器が無いか良く調べた上で盗聴器かどうかを盗聴器カタログなどで確認する必要が有ります。

《盗聴発見器で調査した場合、蛍光灯(特にインバータータイプ)やテレビ、PC等のACアダプター部分、消費電力の特に大きい家電製品等から通常強く電磁界が出ている事が有り、誤反応する場合が有ります。》


□もう少し本格的に盗聴発見器やハンディーレシーバー等の機器を使った調査をされる場合の機種選定方法
盗聴発見器やハンディーレシーバーを使った調査をする場合、どの機種が一番いい物なのか判断するのはなかなか難しい事なのですが、それでもあえて候補を申し上げさせて頂くと致しますと、盗撮カメラの調査にも後々使える利点を考慮し、まず挙げられるのがアイコム社のIC−R3ssが挙げられます。
これはプロもよく使用している機種で感度的にも申し分なく、殆どの盗聴器や盗撮カメラの周波数をカバーする物ですので操作性の悪さが気にならない方にとってはお勧めできる機種だと思います。
また盗聴器発見に絞った調査をされるのであれば周波数カウンター機能と受信機が連動し音声確認機能が付いたアルインコ社のDJ-X2000も候補に挙がります。
ただし周波数カウンターの性能は専用のタイプの物より特に低い周波数帯(VHF帯300MHz以下)で若干性能不足気味(又50MHz以下の周波数に未対応)の傾向が有りますが、機能性から考え十分一般人向け(アマチュア向けに限る)としては使えると思います。
どちらの機種も大手無線ショップで約4万円前後で売られていますので候補の一つに挙げていいと思います。
尚、標準で売られているハンディーレシーバーは一部の周波数範囲(170〜300MHz付近及び470〜800MHz周辺迄)が受信出来ない状態(Jマーク付き)で売られて居りますので、そこはショップの方にJマーク解除の方法等を相談して見られる事をお勧めします。現実にこのJマーク対象周波数範囲内に存在する盗聴波も数多く存在しております。
またそれ以外のお勧め盗聴発見器としましては台湾のメーカー製でACECO社の音声確認機能と周波数固定機能付き高感度盗聴発見器(FBI3000)と同社製のアナログ周波数カウンター(FBI5000)とのセットで使用する事により周波数カウンター(FBI5000)で周波数を読み取り、音声確認機能付き盗聴発見器(FBI3000)で盗聴音声の確認作業が出来る盗聴発見器のセットでの購入をお勧めいたします。またこの盗聴発見器(FBI3000)は単独で購入されても通常の盗聴器やリモコン盗聴器などの発見に多いに役立つでしょう。
この機種は国内の通販などでも取り扱って居り、各機種ともに2万円程度で売られており、セットで購入しても約4万円程度で売られております。数ある盗聴発見器の中でも一般人向けにおすすめ出来ると思います。

          


ハンディーレシーバーを使って盗聴器を自分で発見する方法
拠り本格的に盗聴器を自分で発見する方法としてはプロの盗聴発見業者が行なっている方法としてハンディーレシーバーを使った発見方法が有ります。現在の国内で販売されるハンディーレシーバーは殆ど全てのメーカーの殆どの機種で買って直に何らかの無線が受信出来るよう内部の不揮発メモリー内に予め主だったカテゴリごとに有る程度の無線周波数が記憶されて有ります。
この機能を使って盗聴器を発見するにはまずハンディーレシーバーの受信モードをメモリーモードに切り替える。
(このモード切替方法は各機種ごとで違いが有りますのでその取り扱い説明書に従って下さい。)
先ずそのカテゴリの中の盗聴波のカテゴリ(メーカーが予め盗聴波を数十チャンネル程度インストールさせた部分)を選択します。そして盗聴周波数をスキャン(メモリーに記億された周波数を自動的に順次周波数を切り替え電波が出ていれば自動的に停止し受信モードに切り替わる機能)しスピーカから出る音声を確認します。
この時いま自分が居る周辺の音声や近くから直接耳で聞こえる音声がスピーカから出てくれば盗聴器と見て間違い無いです。
もし此れで盗聴波が出ていない場合は受信機をVFOサーチモード(決められた周波数間を順次、ユーザーが手動設定により決めたルールどうりに周波数をサーチする機能)に切り替え更にFMモードにし周波数ステップを12.5KHz或いは6.25KHz辺りに設定します。(機種により多少操作の違いが有ります。)
そして周波数をサーチする上限と下限の周波数を入力します。(通常の盗聴器の場合約20MHz辺りから450MHz辺りを入力すれば殆どの盗聴器やそして特殊周波数タイプの盗聴器も含めカバー出来ます。)※この中にはコードレスホンやアマチュア無線、FM放送、VHF−TV、業務無線等の周波数帯も含まれて居ます。
そしてVFOサーチのボタン(メーカに拠ってはスキャンとも言う)を押し盗聴波を探します。

(盗聴波をサーチする時に注意する点)
盗聴器が仕掛けられていると思われる部屋や或いは家全体にVOX機能付き盗聴器(音声反応時に電波を発射する機能が付いた盗聴器)を含め無関係な外来電波と自宅の盗聴器を区別する為、盗聴器に使われる周波数より遥かに低い周波数帯を使うAMラジオやCD音楽などを調査対象の家全体に通常、人が会話する音量より少し大きめの音量で流します。又、同時に電話回線上に仕掛けられた電波発信型盗聴器を調べたい場合は電話の受話器も上げた状態にします。
さらに電灯線直結型盗聴器などを同時に調べる為、部屋の蛍光灯を点灯させ、電化製品などはコンセントに差した状態にして置きます。尚、出来れば微弱な盗聴波の通りを良くする為、各部屋のドアなどは開放して置きます。
受信機に付属のロッドアンテナを使う場合は長さを一杯に伸ばし出来るだけ垂直に立てた状態で調査をします。
サーチ中受信機のスピーカから部屋の音声らしき物が少しでも出た場合は、アンテナの長さを調整し最も電波が強くなる長さに調整し、さらに変調モード(AM,FMなど)を切り替え、さらにIF帯域幅(電波の通過帯域幅の事 NFM,FM,WFMなど)も切り替えて最適な音声で聞ける様、モードを切り替えて調整して下さい。特に盗聴波が見つかった場合は空かさずその時の時刻や周波数、受信モードや音声、電波の強度や受信した場所などをメモして置いて下さい。
(特にリモコン盗聴器などの場合、再度調査を行った時に電波が出ていない場合もある為、必ず記録を残す様お勧めいたします。)



盗聴波が見つかった時の盗聴器の取り外し方
まずその盗聴器の在りかが凡そどの辺り或いはどの部屋に有るか調べます。
ハンディーレシーバーで盗聴音を受信したままの状態でもう片方の手に何か音の出る物(携帯ラジオなど)を持ち家の周辺や各部屋に入って行き携帯ラジオの音が聞こえ出し更に最も音が大きく聞こえる地点を付き止めます。
さらに盗聴器の在り処を突き止める方法として携帯ラジオのスピーカの向きを壁側(自分の体と反対側)に向け更にラジオのボリュームを絞り込んで行きます。
そして最もラジオの音が大きく聞こえる地点に盗聴器が有ります。(音源探査法による発見方法)
先ほどの調査で各部屋の特定までできた所でハンディーレシーバーのスピーカの付いている側を今度は壁側に向け更にハンディーレシーバーの音量を上げた状態にして部屋中をなぞって行くとある地点でハンディーレシーバーのスピーカからキーンという様な大きな音(ハウリング音)が発せられます。そのスピーカの直前に盗聴器のマイク部分が有りますのでそこが盗聴器の在り処となります。(ハウリング法による発見方法)

もし仮に盗聴器が発見された場合も直に自分で盗聴器を外すのではなく、その盗聴器から犯人特定や警察への届出、証拠などに使いますのでくれぐれもあわてて外さない様にして下さい。

仕掛けた犯人の特定方法
としましては仕掛けた犯人の特定の為わざと盗聴器の音を入り難くしたり、電波の飛びを悪くし仕掛けた犯人が再び盗聴器の設定のやり直しに訪れる瞬間を証拠の収める方法や盗聴器の存在を警察に報告、届出し指紋採取の方法なども残っていますので又盗聴器が仕掛けられた場所に拠っては自分で外した場合は法に触れる可能性も有りますのでその場合も専門の業者または専門家の方に相談されるのが良いでしょう。


□あくまでもここでご紹介致しました調査方法、盗聴発見器等の調査機材で発見できる盗聴器はアナログ式常時電波発信式盗聴器を発見する為の物であり盗聴発見器に拠っては十分な性能を発揮しないものも存在する事をご理解の上ご使用ください。
またハンディーレシーバー等でサーチしただけで全ての盗聴器が発見できるわけでは有りません事を十分ご理解の上ご使用下さい。また周波数カウンターが100%の盗聴器に反応する物でもなく、盗撮カメラの調査には殆どの場合無力である事もお知り置きください。
□ここでご紹介致しました各メーカー、各機種とも当社とは全く利害の関係の無いものばかりですので値段、性能の保証は当社では一切致して居りませんので、各自でメーカー、販売店等にお問い合わせの上自己責任でご購入ください。

        

                           盗聴器発見盗撮カメラ発見盗聴盗撮調査/SLSのホームへ