ここ数年間で盗聴盗撮機器の小型高性能化の技術の進歩は目覚しいものが有ります。

過去に出回っていたボールペン型やカード型もしくは電卓型であるといったような単純な盗聴器の種類分けでは分類できない様な新しいタイプの拠り高度な盗聴盗撮機器が世に出回る様に成ってきております。

■最近の新しい盗聴器の種類

・音声の有無により電波を発射するVOX型盗聴器

・500円玉と同等レベルの大きさのカード型盗聴器

・無線式コンクリートマイク型盗聴器

・スクランブル式盗聴器

・リモコン式盗聴器

・リモコンスクランブル式盗聴器

・ICレコーダーに拠る盗聴方法

・常に位置情報を記録し続ける携帯型GPS装置

・携帯電話を使ったデジタル式盗聴器

・コンセントタップなどの偽装型盗聴器など


■最近の新しい盗撮カメラの種類

・縦横1センチ程度のピンホールレンズ型盗撮カメラ

・赤外線を使った高感度暗視デジタルカメラ

・軍事用目的に開発された手持ち型暗視スコープ

・無線コントロールによる望遠無線カメラ

・医療用、産業用に開発されたカプセルタイプの微小カメラ

・ライターサイズやカードサイズのスクランブル無線盗撮カメラ

・FOMAを使った遠隔操作監視カメラなど

トップへ戻る