盗聴器発見盗撮カメラ発見盗聴盗撮調査/SLSのホームへ


     
     
ここまで来た!海外製の特殊盗聴器、特殊盗撮カメラなどの技術水準!

    
はじめに
第二次世界大戦以後東西冷戦中の真っ只中、1952年モスクワのアメリカ大使館で大使の机の背後にかかった木製のアメリカ国章の中から全く電源を使用せず外部からの操作で盗聴電波を発信する型の盗聴器(受動式空洞共振送信機)が発見されその後、大使館改修の際に米国大使館の支柱のレンガの中よりソ連製のものと思われる盗聴器が巧みにX線をかく乱させる技術を駆使し、発見から逃れる様仕掛けられ発見された事件は有名な話です。此れにより今まで電話会社の協力のもと主に有線式盗聴器に頼っていた米国中央情報局(CIA)は驚きと情報収集技術の発展の必要性を痛切に感じたといいます。その後米国CIAおよびソ連邦KGBによる東西冷戦をより有利に進めようと情報収集戦がよりヒートアップし現在様々な驚くべき方法で盗聴、盗撮、情報収集の方法が考案、開発され、現在米国では世界最高レベルの盗聴、盗撮機器が生まれて来ており、その一部が現在民間に流れて来て様々な分野の技術発展に貢献されて来ている訳です。その開発された技術水準がどれほどの物なのかは米国国民および世界中のセキュリティーに関わる人達にとっても非常に気になるところです。しかしCIAおよび米国連邦警察(FBI)はこれらの技術を国家機密とみなしなかなか正式に公表しようとはしない様です。ただ一部ネット上に流れる情報や書籍から得られる情報、海外発見業者(調査機関)が掴んでいる情報の一部を此処で紹介したいと思います。

海外製特殊盗聴器
●エシュロン
1950年頃から行われているとされる、米国国家安全保障局(NSA)が中心になり第一次加盟国アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの各国間でのシギント(各関係国間での通信、電磁波、信号等を媒介とした謀報活動についての条約)により各国で役割の分担、技術協力を行いテロリストの脅威、違法な武器の取り引き、麻薬の不法取引およびそのようなものを識別するために世界規模の専用ネットワーク網を構築しあらゆる電話での会話ファクシミリまたは電子メールメッセージ、携帯電話や無線通信、インターネット回線上に流れる音声、データを音声認識技術等によりテキストデータベース化し保存、また高度な暗号解読技術(通常レベルの暗号であればほんの数分程度の時間で解読可能と言う)を駆使し大規模なデータ蓄積(世界中の人口のデータを一人あたり新聞800ページ分のデータ蓄積能力があるとされる)を行い、名前およびキーワードのリストを使用し必要とされる情報を導き出す事が出来るシステム。
その実態は以前不明であるがあらゆる衛星通信の傍受、インターネット上のサーバや各国間に繋がれた海底ケーブルに流れる電話やファックスの内容などを傍受する為、極秘に接続点を設けスパイ偵察衛星(地球上空に約3000個以上あると言われる)と地上の基地局のネットワークとのデータなどともリンクさせ世界中で数万人以上いると言われる専属要員を各国の基地局に配備させた上で世界中に流れる情報の全てを監視させているといわれる世界規模のスパイ、情報盗聴システム。またこのプログラムの特徴として犯罪捜査のみならずその他の情報収集にも応用が可能で民間企業など個々から要求されるあらゆるキーワードをフイルターし情報を導き出すことが出来、世界の関係機関に売買されているとされている。

○タンブルウィード
エシュロンを開発したスタッフと技術力を駆使し世界中の固定電話や携帯電話に対し各電話機器に予め全く特殊な工作や操作、インストールなどを行わない状態でフックの降りた固定電話や電源が切れている状態の携帯電話(電池が入っていればOK)から電話の持ち主である本人の全く知らない状態で電話を盗聴器に変身させる技術。
尚、この技術はすでに実用化されておりこのシステムは僅か4億ドル程度の値段で売り買いされており、世界各国の関連機関や多くの大手民間企業等の手に渡っていると言われている。(映画 エシュロンより 信憑性に少し疑問有り)

○トライトン5
繊細は不明では有るが各国の国家が管理するPCサーバーやルーターなどの情報や民間企業が管理するサーバー内に極秘に進入しPCサーバー内の極秘データなどを閲覧する機能を持ったシステム。また非通知で発信した電話番号を特定する機能も併せ持つ模様。(映画 エシュロンより 信憑性に少し疑問有り)

参考資料  書籍 エシュロン等その他文献拠り一部抜粋


●テンペスト
コンピュータやそれらの周辺機器そして其れらの機器を繋ぐコードなどから漏れる電磁波から情報を盗み出す方法の総称をテンペストという。またパソコンやテレビなどのCRT上に表示した情報から盗聴者までに再構築されることができるアンテナと受信機、電磁波増幅器とコンピュータのような容易に利用可能なコンポーネントを使って手元のモニターで画像を復元する高速のアナログ-ディジタル・コンバータの事をいう。
2002年頃、当初日本で発表された時点ではフルセットでの価格が数千万円していたものと同様のものが現在では100万円程度で構築できるという。
ここ最近、各方面で情報セキュリティーに多くの人々が関心の目を向けられる中、この装置に特に関心を持たれる事が多いのもその為でしょうか。
このシステムの盗聴方法としては1、アンテナから直接電磁波を受ける方法、2、伝道放射と呼ばれる電源ケーブルやLAN配線から漏れる電磁波ノイズをジャンクションプローブを使い装置に直接入力させる方法がある。また電源ケーブルに流れる伝道放射を利用した盗聴の場合、同じ変圧器以下の地域にある各家庭のパソコンであれば十分盗聴の対象になるといいます。たとえ同じ部屋に複数台のパソコンが有ったとしても各パソコンから漏れる電磁波の周波数の微妙な違いから使っているパソコンの個々の機種を絞った盗聴が可能です。
これを防ぐ方法として1、パソコンを購入の際VCCI(情報処理装置等電波障害自主規制協議会)で定められたVCCIのクラスBか出来ればCの製品を選ぶ。2、LANケーブルに電磁波の影響を考慮したシールドタイプの物を使用する。3、パソコンや周辺機器とAC電源の間に電源ノイズフィルターを使用しパソコンから漏れる高周波電流を遮断し情報漏洩を防ぐ対策を取る。4、パソコンやその他の周辺機器(特にCRT周辺)をパソコン用電磁波シールド布で囲うなどの対策を行う事が必要でしょう。
尚、独立行政法人 情報通信研究機構のサイト様の方でもテンペストの技術について詳しく説明されております。
http://www2.nict.go.jp/y/y213/tempest.html
又、最近NTTはパソコンの微弱な電磁波から画面情報を読み取る「電磁波盗聴」を防止する小型装置を開発し価格は数万円程度でパソコンに外付けして防御できる装置で傍受する側には白黒の縞模様で表示されると言う。

●他人の携帯電話を離れた場所から盗聴器に変身させる技術(ロービングバグ)
最近、米国連邦捜査局(FBI)が携帯電話を利用した外部からのリモート操作で本人が知らないうちに自動着信動作する携帯電話型盗聴器を開発した模様。この技術は全ての携帯電話のキャリアや機種で可能ではないが、現在世界で使用される携帯電話の一部の機種(Motorola「Razr」、Nextel、Samsung製)で可能であると言う。
その内容は携帯電話に使われるプログラムのOS内にスパイプログラムをダウンロードさせる方法やブルーツース等の無線送信技術を利用しその電話機を他人が直接操作する事無く、携帯電話内部のプログラムを書き換える事に依り本人の知らないうちに携帯電話を盗聴器化してしまおうと言う技術が開発された。尚この装置は内部にバッテリーさえ装着されていれば電源を切っていてもベルを鳴らさず完全に動作可能との事。


●電源を必要としないリモコン盗聴器(受動式空洞共振送信機)
1952年モスクワのアメリカ大使館の木製国章のなかより発見された盗聴器の内部構造を下の図で示している。このモデルは無給電リモート動作型盗聴器として動作させる為、建物の外部より盗聴に必要な時間だけ盗聴器の外部に出ているアンテナに対し高周波電磁波をこの盗聴器に向けて非常に狭い範囲で放射し其れを電源として利用し、空洞共振器により音声変調された電波をアンテナから再放射させる方式を取っている。
下の図で解説しているものは330MHzを使用するタイプの物であるが、大きさは縦横6.3センチ、奥行き1.3センチの本体に長さ22.5センチのロッドアンテナがついていたと言う。現在アメリカでは此れをさらに改良し周波数を高くした、より小型にしたものも開発されていると言う。
受動式空洞共振式リモコン盗聴器原理図

●リモートコントロール操作出来る天道虫型マイクロロボット盗聴器
米国マサチューセッツ工科大学が開発したもので全ての部品をシリコン半導体で構成させ、其れを微細なマイクロ加工し出来上がったマイクロロボット盗聴器。子細は不明だが壁をよじ登り盗聴者の近くまでリモートコントロール操作により移動できるとの記述有り。

●米粒大の超小型盗聴器
1990年代米国で毎年1回開催される「プライベートショウ」(盗聴器関連の展示会)で発表されたとされる。その送信距離は10Km以上、送信出力がなんと1Wを有するという盗聴器。(図解盗聴撃退マニュアル藤田悟著より)
現在はこれらの特殊盗聴器の殆どが無線送信するタイプの盗聴器の殆どがリモートコントロールに拠る操作で発信できるものが大半を占めていると言う。その他秘匿性を向上させる為デジタル方式化された盗聴方法などが存在し現在100種類以上の盗聴方法が考え出され実用化されたという。その中で現在判明しているものとして数点の例を以下に紹介致します。
●マイクで拾った音声を発見されやすい電波を使わずに、人の可聴帯域(20Hz〜20KHz)より高い周波数の音声信号である超音波(20KHz以上の空気の振動帯域のこと)に変換し部屋の音声を外部に伝送する方式。
●CW波を使用し信号を暗号化し圧縮し送信する方法
●デジタル周波数ホッピング技術(DS方式、FH方式、CDMA,,Bluetoothなど)を利用した秘匿デジタル伝送方式
●音声をデジタル化したのち高圧縮化技術でデータを非常に小さくした後、数秒間の音声を1/1000秒のデジタル信号として間欠パルス送信する方式
●TV放送などの強く放射されている電波の周波数と近接した周波数に微弱で非常に狭帯域の電波を使う方法
●ボタンより小さい指先に乗るICレコーダーの利用
●紙の様に薄いエポキシ樹脂で覆われた電池と厚みを極限まで減らせた盗聴器を組み合わせ本のカバー紙の間や表紙の厚紙の中に埋めこむ方法(名称:カバーバグ 上から2番目の写真)
●右の写真のドライバーで示した部分はコンセント内部に仕掛けられた超小型盗聴器
●一番下の写真は人の体温により発電する音声盗聴器
(一部ADVANCED ERECTRONIC SECURITY.COより紹介しています)
マイクロサイズ盗聴器

超薄型盗聴器



体温発電型盗聴器
●長波帯を使用した有線式盗聴器
卓上ランプなどのAC電源を使用した機器の中や電話器内部に盗聴器を仕込み通常の受信機で受信,復調できない極低周波領域(300KHz以下)を使う為なかなか発見に漕ぎ着けないと言う。
現在でも米国の住宅事情からか警察組織ではこの様な有線式の盗聴が多く行われている様です。
また有線式盗聴器としては音声信号をデジタル処理しLEDで発生させた赤外線パルスに変換した後、信号の伝送に光ファイバーを使用する方式や電話機の送話器内部の配線を変更し受話器を取らない状態で常に電話回線を使った盗聴を行うホットマイク型盗聴器(この場合電話機から交換機までの間で受信機を接続させる方法をとる)

●電話回線非接触型盗聴器
ターゲットになる電話回線にある特定の付帯設備を取り付け誘導コイルより電線に流れる音声信号を拾いあげ専用電話器で盗聴を行う方法。この方式は電話回線専用調査機材等での検出は不可能。

●猫を利用した動物体内内臓盗聴器
1960年代ロシア側の情報を盗むべくCIAが開発した生体動物の体内に手術を施し盗聴器を埋め込み、また脳に配線を施した上で猫の習性を利用しロシア要人の建物周辺の窓の下、公園のベンチなどで体を横たわらせ盗聴を行ったと言う。

●歯に埋め込む盗聴器
一般に、エシュロン(ECHELON)は電話線や海底ケーブルの盗聴を主体にして いるという誤認があるが、実際はシギント(無線諜報)を主体にするもので あり、欧州連合が発表した通信傍受能力2000においてもその事が示唆 さ れている。そしてエシュロン(ECHELON)におけるシギント(SIGINT:signal intelligence:無線諜報)の根幹を成しているのが歯科治療によって歯に埋め 込まれた盗聴器である。歯の盗聴機は、クラウンやインプラント、差し歯、 入れ歯のような形で人体に装着される。このような場所に盗聴機を埋め込む 利点としては、部屋や身の回り品に盗聴機を装着した場合、盗聴する範囲が 限定されるのに対して、歯の盗聴機の場合、対象者を24時間いつでもどこ でも盗聴でき、しかも発見されにくいといためである。
歯の盗聴機(補聴器)の歴史は古く、アメリカで一番古いもので1939年 より基礎技術が特許として申請されている。(米国特許参照)その後も改良型が随時開発され、特許申請がなされている。
歯 の盗聴機は人間が物を噛む時にかかる圧力や体熱発電、RFID(ICタグ)のような電波を利用した発電によっ て作動し、周囲の空気音を録音する微少なマイクロフォンやそれを通信所に 送信する送信機だけでなく、GPS追跡機や骨伝導スピーカー、思考を読み 取る生体磁気計測器を内蔵するなど多くの型式が存在するが、どのような機 能を搭載するかはその対象人物の重要度によって判断される。歯の盗聴機を 装着する際には、骨伝導音が伝導しやすい下あごに接する歯に装着するとと もに、音声を立体的に表現(ステレオ化)するため、歯の盗聴機を左右に一 本ずつ配備するのが一般的である。
(サイト名 はてなダイアリー>歯に埋め込む盗聴器 より一部抜粋)


●糞(ドゥー)型位置確認用発信機
1970年代、米国軍がミッションにおいて標的の家や場所の特定をし易くする為、犬などの動物の糞に形を偽装しおよそ3〜4キロ離れた所から場所の特定に使われたと言う。下の写真は内部のX線写真を載せている。
ドゥー型位置確認用電波発信機
●偽装型盗聴器
通常盗聴器は剥き出しのまま仕掛けた場合、被対象者に発見され易くまた其れが発見された場合、それ自身が証拠になってしまう為家庭やオフィスで見かける普通の電気製品の中に一見して見分けが付かない様、予め偽装された形で販売される。(米国では乾電池やコンセントの差込プラグの中、灰皿の中、電話の受話器の中などに盗聴器が仕込まれていたと言う。)
乾電池偽装型盗聴器外観乾電池型盗聴器の内部
●赤外線通信装置LIG3
赤外線通信装置は赤外線の見えないビームを使って最大3キロの間で交信される。交信をうまく行う為には、交信する2点間の視界を遮らないことが必要である。赤外線通信装置は昼夜をいとわず可能で有るが霧や豪雨では性能が著しく低下すると言う欠点がある。尚、交信には右の写真の物を2セット用意する必要がある。
また電波を使用しないためビルの屋上等で旨く設置した場合相手に感付かれずまた交信内容を盗み見られないという特徴も持つ。
右の写真は1970年代に開発された物で現在はより小型化されたものが使用される。

赤外線通信装置LIG3
●盗聴器用細線敷設キット
盗聴器が仕掛けられる場所は何も電化製品の中や日用品の中だけとは限りません。より対象者の近くにマイクを近付ける必要が有る場合や発見のリスクから逃れる為、マイクの更なる小型化、コンクリートマイクやニードルマイクの原型になった物や壁に穴を開けて行き貫通しない寸前の所でマイクのセンサー部分を接触させ効率よく音声を拾うタイプのものも開発されています。さらに盗聴器設置の自由度を上げる為マイクと送信機本体または電源までの配線を殆ど目に見えない迄に細線化し壁のひびぞいに敷設したり、柔らかい壁材などに直接埋め込むことが出来る盗聴器用細線敷設キットが存在している。(右の写真)
さらにマイクを設置した後は壁を補修したり塗装したりして設置の痕を隠す為の特製リペアキットも同様に用意されていると言われる。
・最近では電線の代わりにコードの表面や壁などに導電性のペンキを細く塗る方法なども開発されている。





盗聴器用細線敷設キット
海外製特殊カメラ
●マイクロチップ化による電子機器の小型化開発技術の進歩
米国国防省の国防高等研究計画庁(DARPA)では重量がわずか10gの質量でありながらハイビジョン品質に迫る画質の超小型(100b先の物体の識別可能)なカメラを小型飛行機などにも搭載可能なサイズにする為の技術開発や赤外線ビデオカメラなどの研究がなされており、今後の米国の軍事、電子技術開発などに於いて「低電力で体積が小さく軽量なマイクロセンサーやマイクロロボット、マイクロ・コミュニケーション・システム」の開発に注力している模様。
参考サイト
http://wiredvision.jp/news/200903/2009031023.html
オムロン、砂粒大の機械部品を量産


●英企業、衣服の下を「透視する」カメラを開発
英国の企業が、衣服の下に隠された武器や薬物、爆発物を探知できる高性能カメラを開発した。セキュリティー業界にとっては画期的な製品となる可能がある。  ThruVisionが開発したカメラ「T5000」は、対象物にテラヘルツ電磁波を放射することにより、同機器から25メートル離れたところに隠された対象物を探知できる。たとえその対象物を隠し持った人物が動いていても探知が可能だという。  同社は、カメラは衣服の下の人の身体的特徴を明らかにすることはなく、対象となる人々への健康上の悪影響はないとしている。
http://newsing.jp/entry?url=www.excite.co.jp%2FNews%2Fodd%2F00081205123819.html
http://www.thruvision.com/

●医療用デジタル情報発信機
右の写真は長さ11.5mmで主に医療用に開発された物で有るが、体の血圧(脈拍)や体温などのデータおよび音声をパルス間隔変調(PIM)でデジタル化し送信する。又送信距離は1〜3メートルであるが液体発電により6ヶ月の使用が可能と言う。
医療用デジタル情報発信機
●壁裏人体透視装置
カメラを仕掛けられない密閉された部屋の中にいる人間の人数や位置、人の動きなどを部屋の外の壁やドアに人体から出る微弱電磁波を検知するセンサーを面上に4箇所に取り付け、各センサー間に到達する人体から出る電磁波の微妙な時間差、強度差を専用のコンバーター回路に接続した後、ノートパソコン上で画像処理しリアルタイム表示する。即ち壁裏から人の行動を透視する装置。
(ディスカバリーチャンネル放送内容より)

●レーダー式携帯型壁裏生体確認カメラ(レーダースクリーン)
米国国防省庁のDARPAは2006年1月ヘアドライヤーほどの大きさのレーダー探知機(高周波探知機)を開発していると発表、仮にこの機器を使えばその最大探知距離は凡そ15m程度で、更に驚くべきはおよそ30センチの厚みのコンクリートの壁の向こう側の人物や生物などの動きが手に取る様に察知できる様に作られた可視化電子機器であり、さらに驚くべきはこの小型の機器単体での使用で全ての可視化が実現可能とされている点である。その用途としてはビルの中や壁裏に潜む人物などの存在の確認や動作、更にはその位置する場所や人数確認なども可能と言われる携帯型のレーダー照射式透視カメラを今後数年内に開発し、軍事や人命救助などの用途に実用化されるだろうとのコメントを発表した。尚、右の写真はその試作機を掲載させて頂いております。
http://www.youtube.com/watch?v=QZ-XZAKwqYI&NR=1
http://www.defenselink.mil/news/newsarticle.aspx?id=14711

●電磁波人命探査装置「シリウス」
災害などで地中に埋もれた人などの災害救助活動や、治安維持目的での利用が今後期待されるドイツの特殊装備品会社から販売される機器。前記のレーダースクリーン同様、此方も可視光線よりは低い周波数を使用する特殊無線周波数を使った生物存在確認を主な用途として使用する。またこの機器は各国の不審者の侵入捜査などの犯罪摘発捜査にも使用されると言う対人探査装置。
右の写真は現在、東京都が災害救助目的で導入済みと言われる実際の機材一式の写真を掲載させて頂いております。
http://www.kanshin.com/keyword/590564

●バックスキャッター(後方散乱線利用方式X線透視装置)
空港などで手荷物の中や衣服の裏側などに隠し持つ麻薬や武器などを調べる為、特殊なX線を片側から照射し、そこから反射される後方散乱波と言われる特殊な光をコンピューター上で特殊な画像処理を施した映像を作り上げる技術が数年前に開発されているらしく、実際にこの装置を通して映し出されたリアルタイムの映像は人間の衣服を完全に取り払い人間を完全に丸裸同然にしてしまう為、実際の使用にはプライバシーの問題なども考慮し下腹部などにはモザイクが入る様配慮されていると言う。
更に米国の税関や法務局などではこの装置を特殊な車に搭載し、車の中を開ける事無く、鉄などで覆われた輸送コンテナやトラックの荷台の中などに潜む密入国者の発見や麻薬捜査などの摘発などにも役立っていると言う。
尚、製造元のAmerican Science and Engineering社では1台2億円すると言われる、この機器を大型車に仕掛けたX線検査システムを15台、米国税関に収めた実績が有ると言う。

※関連記事
http://blog.iryou-zatugak.lomo.jp/?eid=886993
http://epic.org/privacy/airtravel/backscatter/
http://www.natsukijun.com/svnow/post_80.html
http://wiredvision.jp/archives/200306/2003063001.html

●「太陽光線から出る光で人物の影の動き方」を分析し、上空から人物特定するソフト
米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所(JPL)のエンジニアが開発した技術である。
その技術の中身は軍用スパイ衛星や偵察用の無人航空機(UAV)などを利用し、日中人が歩くときの影を利用することで、上空からでも歩幅と歩くリズムを読み取って人物を識別できる技術と説明している。
http://wiredvision.jp/news/200809/2008090521.html

●「電線に止まって充電」も可能、昆虫サイズの超小型飛行ロボ
米軍は少し前から、昆虫に似た形状の小型無人偵察機の開発に取り組んでいると、米国防総省のロボット開発者は述べている。この『超小型無人飛行機』(MAV)は、実際には現地に数週間ほど潜入させた後に情報を収集し、さらには攻撃する際には恐ろしいほどの精度で敵に命中することも可能で、米軍ではこれの生物型兵器への転用にも関心を持っていると言われている。
http://wiredvision.jp/news/200812/2008121619.html

●生きた昆虫を遠隔操作する『HI-MEMS』プロジェクト
通常、遠隔操作された虫が、米国防総省やその他の目的のために自分を見張っているのではないかなどと、特に心配した人などは居ないだろうが、しかし米国国防高等研究計画庁(DARPA)の助成金を得ているカリフォルニア大学バークレー校の研究者たちが考えている技術では「生きたカブト虫を無線で操作する」ことに成功したと、『Tech-On』が報じている。
http://wiredvision.jp/news/200901/2009012922.html
              
                   盗聴器発見盗撮カメラ発見盗聴盗撮調査/SLSのホームへ